脳梗塞リハビリサポートセンター越谷 1周年!

2020.10.1LACのこと

脳梗塞リハビリサポートセンター越谷!

10月に入り、ようやく1周年を迎えることができました。

 

お陰様で、ご利用者様の改善事例も増えてきており、

YouTubeの動画も増えてきました。

*チャンネル登録お願いいたします

 

少しでも皆様のお力になれるよう、スタッフ一同

心を込めて、誠意一杯努めさせていただきます。

 

今日は、インタビューにもご協力いただいております

K様の事例をご紹介させていただきます。

 

 

||基本情報

・年齢:60歳代

・病名:アテローム血栓性脳梗塞(2019)

・日常生活自立レベル

 

||ご利用者様の目標

ゴルフ1ラウンドを回る

 

||ゴルフの打ちっぱなしに行った感想

実際にリハビリ・自宅でもスイングの練習をしておりました。スイングする感じは、姿勢が良くなった影響か以前よりいい感じはしていました。実際に打ちっぱなしに行ってみると、飛ぶことは飛ぶのですが、前方へのふらつきがありました。スイングした際に、体の捻じれに対して耐えられませんでした。今後はそのふらつきに耐えられるように練習していきます。

 

||動画

YouTubeにて配信させていただいております。

その他にも動画をのせてありますので参考にして下さいませ。

↓↓↓

越谷リハビリチャンネル

 

||スタッフからの報告

リハビリにおいてもスイングする際の姿勢は指導しておりました。麻痺側の股関節周囲の筋力が低下していることと、体幹を捻じる際の可動性が低下しておりました。その影響により、腕の力に頼るがため、腕の疲労感の訴えが強い印象でした。

 

||リハビリ内容

先程も述べましたが、体幹の捻じれの可動性改善、麻痺側股関節周囲の筋力向上中心に実施しております。ゴルフスイングの際のスクワット肢位保持が困難であるため、その姿勢を保持してスイングする練習をしております。今後はゴルフのラウンドを回る目標があるため、小走りが必要になってくるので、ジョグの練習もやっております。

 

||まとめ

本日は御利用者様の趣味(ゴルフ)についてお伝えさせていただきました。この方は運動麻痺は軽かったですが、このようにリハビリを継続することによって、効果も出ますし、慢性期でも機能向上が図れてきます。

最近感じるのがリハビリを継続する上で大事になってくるのは、

高い目標

常に良くなりたいという強い気持ち

です。

リハビリは大変です。慢性期では急性期~回復期と違い、自然回復がないので、自分で自主トレはやらないといけないですし、自主トレの習慣化というのもしていかなくてはなりません。

しかし、それを継続した後は、、、

機能向上が図れて、目標が達成出来ます。

(※個人によって効果は異なります。)

是非、高い目標を持って、良くなりたいという強い気持ちを持ってやっていければいいなと思います。

では失礼致します。

他にも無料送迎をやっておりますので、ご確認下さいませ。

↓↓↓

脳梗塞リハビリサポートセンター越谷

鍼灸師正社員募集!!

お電話でのお問合わせ

048-257-3100

048-257-3100

お気軽にどんなことでもご相談ください。
受付時間:平日8:30〜17:30
(土・日・祝は留守電対応)

株式会社 川口福祉サービス

埼玉県川口市青木1-6-1(google map)

株式会社 川口福祉サービス
マイナビ
キャリタス

まずはカンタンお問合わせご質問・ご相談はコチラからお問合わせください

ご用件
お名前
お電話番号
メールアドレス
メールアドレス
ご住所/都道府県・市区郡
〒    ※郵便番号入力で市区町村が自動出力されます。
メッセージ本文

  プライバシーポリシーに同意する。

「プライバシーポリシーに同意します。」にチェックしてください。

上記のフォームよりうまく送信できない場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。

上記のフォームよりうまく送信できない場合は、
048-257-3100までお問い合わせ下さい。