【我が社のワクチン接種率】

2021.6.16LACのこと

なかなか収束を見せないコロナ禍ですが、少し希望が見える記事がありました。

ワクチン優先接種をした医療従事者の感染者数が、激減しているというのです。

 

【医療従事者の感染、月525人から47人に激減】(読売新聞online)

※記事を読むには↑をクリック!

 

感染者数に占める医療従事者の数が、ワクチン接種前後で以下のように激減しているようです。

 

【医療従事者の感染者数の推移】

1月525人(1.3%)

2月363人(3.3%)

3月237人(2.5%)←3月に医療従事者に対するワクチン接種が本格化

4月77人(0.43%)

5月47人(0.21%)

 

やはりワクチンの感染防止効果は高く、新型コロナの克服に繋がるということですね。

 

エッセンシャルワーカーを中心に優先接種が始まる中、当初から施設系介護従事者もその対象になっていましたが、残念ながら私たち在宅介護従事者は対象外とされていました。

 

クラスター事例が少ない、在宅介護従事者が感染しても大きな影響がない、という理由だったようですが、「ヘルパーが感染=利用者への大きなリスク」というのは施設も在宅も変わりません。

 

また、施設系のヘルパーより在宅系のヘルパーの方が圧倒的に人手が足りないですから、在宅介護従事者の感染=休職が現場に及ぼす影響も少ないとは言えません。

 

そんな声が強くなり、条件付きながら私たち在宅系介護従事者も優先接種の対象に加えてもらう事ができたのです。

 

じゃあLACのヘルパーの接種状況はというと…?

 

以下がLACのヘルパーのワクチン接種状況です♪

 

【65歳以上のヘルパーの場合】

24人中、1回目接種終了者14人(58.3%)、2回目接種終了者1人(4.2%)

※医療従事者は1回目92.8%、2回目60.5%

 

【65歳未満のヘルパーの場合】

川口市からの優先接種の連絡が届いており、6/21ごろに接種券発行→ネットにて予約開始予定

 

以上となっていますが、さらに接種率を高めるべく、近隣の医療機関と連携して、その医療機関で接種のキャンセルが出た場合、LACのスタッフにワクチンを回してもらうという提携を結びました。

 

これによって、LACにとってはヘルパーの接種率向上に繋がりますし、医療機関にとっては接種のために解凍したワクチンを廃棄せずに済みますので、良いことずくめだと思いませんか?

 

また、LACの利用者様の接種率については正確に把握していませんが、概ね80%ほどが1回目を終了し、10%ほどが2回目を終えているようです。

 

多くの方々のお陰で、少しずつ介護の現場から感染の不安が消えつつあることを感じています。

お電話でのお問合わせ

048-257-3100

048-257-3100

お気軽にどんなことでもご相談ください。
受付時間:平日8:30〜17:30

株式会社 川口福祉サービス

埼玉県川口市青木1-6-1(google map)

株式会社 川口福祉サービス

まずはカンタンお問合わせご質問・ご相談はコチラからお問合わせください

    ご用件
    お名前
    お電話番号
    メールアドレス
    メールアドレス
    ご住所/都道府県・市区郡
    〒    ※郵便番号入力で市区町村が自動出力されます。
    メッセージ本文

      プライバシーポリシーに同意する。

    「プライバシーポリシーに同意します。」にチェックしてください。

    上記のフォームよりうまく送信できない場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。

    上記のフォームよりうまく送信できない場合は、
    048-257-3100までお問い合わせ下さい。